薬剤師としての在り方

私の勤める薬局に訪れる患者さんは、60歳以上の比較的ご高齢の方が多いです。
ご高齢の方のジョークには笑えるものと笑えないものがあり、特に『死』に関する話題になると、コミュニケーションを取るのに少し神経を使います。

隣接するクリニックの先生は、患者さんの体調やご年齢を配慮して、処方する薬の量を調整しています。
普通は30日分を処方するのですが、ご近所にお住まいであまり運動を好まれない患者さんには、わざと14日分という少ない数を処方します。
薬を取りに来院するだけでも、ちょっとした運動になるからです。
もちろん、患者さんに了承を得ての事です。

普段家に籠って人とコミュニケーションを取ることの少ない患者さんには、なるべくクリニックや薬局に来ていただいて、私達薬剤師や看護師さん、事務員さんと多少の会話をするだけでも随分違うとの事です。
来院する度に再診料、処方代が発生するため、患者さんにご負担が掛かるので、それでも良いという患者さんのみ対象に行っています。

患者さんが頻繁にクリニックに来るので私達薬局の仕事量も当然増えますが、ご高齢の患者さんが増えている中、このようなちょっとした心がけがこの先必要になってくると思います。
中には冗談で、一カ月に一回でいいから生存確認の電話をしてよ!とお願いしてくる患者さんもいらっしゃいます。
その時は笑って誤魔化すのですが、実際にご高齢の孤独死が増えている世の中です。
わたしはこちらのサイトを参考にして今の薬局の仕事が決まったのですが、
年収600万以上の薬剤師求人をお探しの方は《ココをチェック》
これだけのお給料をいただいているので、薬剤師としての仕事だけでなく、医療従事者として、患者さんに対してそれ以上の何かしらフォローできることがあればするべきだと考えるようになりました。

クリニックの先生は、診療中の患者さんの態度や何気ない会話の中に異変を見つけて、心配な方にはこまめに電話で連絡をされているようです。
先生の指示のもと、薬が切れているはずなのに来院されない患者さんには、看護師さんや事務員さんが仕事の合間を見つけて連絡してご体調の確認の連絡を入れるとも聞きました。
中には色んな複雑な事情で来院したくても出来ない患者さんもいらして、電話をすると怒られてしまう事もあるのですが、地域のご高齢の方々へ、私達が出来る精一杯の心がけだと思ってこれからも続けていこうと思っています。

初のフルマラソン!!・・を応援

昨日は姉が地元のマラソン大会に参加したので、家族で応援に行ってきました。

数ヵ月前にハーフマラソンを走ってみて、手応えを感じたみたいで、今回のフルマラソンにエントリー。
とは言っても、はじめてのこと。
完走はおろか、リタイアもありえるのでは?と私は心配していました。
本人はというと、よほどマラソンが楽しいみたいで、そんな心配は頭にない様子。
実家に住んでいる姉は、私の家まで練習がてら走ってきたこともありました。
仕事がある日は、帰宅してから走りの練習。
マラソンを始めてから目標に向かう楽しさを覚えたみたい。初めてのフルマラソンは五時間完走と目標を立てたよう。

さて、先日のマラソン大会当日は、なんと朝から雨。
私は小学1年生の息子と、前日に応援うちわを作りました。
手持ちのうちわに画用紙を貼って、折り紙で名前の文字をつけていき、、
「おかあさん、折り紙切るのが上手だね」「そりゃー、もうおばちゃんだからね」なんてやりとりをしつつ作成しました。

家にのりがなく、テープで貼った手作りうちわ。まさかの雨。
いつまでこのまま保てるか。もうちょっとしっかり作ってくればよかったなー。

マラソンの応援は二回目だけど、フルマラソンの応援は初めて。
たくさんの箇所で見られるように、だいたいの通過タイムを書いててもらったので、それを何度も見ました。
傘を持ち、子供たちのお菓子の袋も持って。ビデオカメラもスマホも取り出したいのにー。うちわも振りたいのにー。
応援するって言っても、いつ走ってくるか分からないマラソンは大変なんだ、と実感しました。

女性ランナーはみなさん同じような格好。近くまで来ないと分からない。
ランナーのみなさんに声援を送りながら、探す作業。人の波に酔いそうでした。

無事に2ヶ所で姉の姿を見つけて、一瞬「がんばれー」とうちわを見せることができました。
「力をちょうだい!」と近くまで走ってきて、またすぐ波に乗って走っていきました。
思ったよりだいぶ軽やかに走っていて、もうびっくりするやら呆れるやら。
母は「来年は彼氏にこの応援もあの子も引き継げたらいいんだけどー」なんて冗談言って笑ってる。

うちの主人も含め、家族みんなで声援を送ったことも力になったみたいで、初めてなのに、五時間をきってゴール。
隣にいた母は泣いてました。私も嬉しくって。

完走のお祝いにケーキを買ってあげました。
息子がプレートに添える言葉として選んだのは「がんばったね」でした。
その気持ちが、またうれしかったなぁ。